【はじめての精神科】初診時に準備しておいたほうが良いこと

精神科の初診時に向けた準備

初診時に聞かれること

主訴(どんなことに困っているか?どんなことを相談したいか?)

どんなことに困って受診したのか?
どんなことを相談したいと考えていたか?
など
精神科に受診しようと思った目的をはっきりさせておくとよいです。

 

症状の内容と出現した時期

いつから、どんな症状があるのかを答えられるようにしておきましょう。

また、それら症状が出てきたときにきっかけとなるような出来事や環境の変化などがなかったかも確認しておきましょう。

 

普段のライフスタイル

普段、どのよう生活を送っているか?仕事の環境はどうか?

そのような情報から、精神科医は患者さんの背景をイメージします。

また、精神状態に影響を与えうるストレスや、患者さんのストレスへの対応の傾向を探ります。

 

 

初診時に持って行くと役立つもの

発達障害を疑っている場合

  • 母子手帳
  • 学校の成績表
  • 過去の心理検査の結果 など

 

精神科以外の治療歴がある場合

  • お薬手帳
  • 他院での血液検査などの結果

 

 

受診先の医療機関についての準備

アクセス方法と連絡先をしっかりと調べる

医療機関の電話番号は携帯電話ですぐに調べられるかもしれませんが、予約確認に関して着信があったりする可能性もあるので、事前に携帯電話の連絡帳に登録しておくと便利です。

また、医療機関までどのように行けば良いかをしっかりと調べておきましょう。

最寄駅や、車で行く場合には駐車場はあるかも確認しましょう。
バスの場合は、路線や時刻表も確認しておきましょう。

医療機関によっては、最寄駅から無料送迎バスが出ているところもあります。


さらに、大通り周辺には似たような名前のメンタルクリニックがいくつかあるので、受診する予定の医療機関を間違わないようにしましょう。

 

時間がかかることを想定して準備する

予約時間には余裕を持って到着できるようにしましょう。
急いで家を出て、保険証を忘れてしまったりしないように注意しましょう。


初診の場合には診察に呼ばれるまでにも時間がかかることが多いです。
また初診の診察や検査なども行うと、診察時間も結構かかる可能性があります。

受診後のスケジュールにも余裕を持っておくと良いです。

また、医療機関での待ち時間や、処方があった場合には薬局でも待ち時間があるので、時間を潰せる本なども持っていくと良いかもしれません。

 

 

まとめ

はじめて精神科を受診するのは、わからないことも多くて心配になってしまうかもしれません。

精神科での初診時の流れを把握しておくことで、少しでも心の準備をしておきましょう。

 

 

コメント